ゆうこすカラコン付けて目で落とす?さんま御殿でモテクリエイター本領発揮?!

芸能・テレビ関係

7/30の『踊る!さんま御殿!』に、” ゆうこす ”こと、菅本裕子さんが登場します!

ゆうこすさんは、職業を『モテクリエイター』とおっしゃっていますが、『モテクリエイター』って何やねん?と思っている方もいるかと思います。

どうやら『モテる』事を『クリエイト(新しいものを作り出す)』する!という仕事だそうです。

『??』という人もいると思うので、モテクリエイターや人物像に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

モテクリエイター ゆうこす!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうこす♡菅本裕子さん(@yukos0520)がシェアした投稿 -

 

ゆうこすこと、菅本裕子さんの職業は、本人いわく『モテクリエイター』!

ゆうこすさんいわく、モテクリエイターは、その名の通り『モテをクリエイトする』という事らしいですね。

 

菅本 裕子(すがもと ゆうこ)

ニックネーム ・・・ ゆうこす HKT48の元メンバー

生年月日 ・・・ 1994年5月20日 (現在 25歳)

血液型 ・・・ B型

出身 ・・・ 福岡県北九州市

身長 ・・・ 163cm

スリーサイズ ・・・ 88・62・88 cm 

 

ゆうこすさんは、HKT48の元メンバー。

2011年7月にHKT48に所属し、2012年8月にはHKT48としての活動を辞退し離脱しました。

 

ゆうこすさんはHKT時代、学業との両立が難しかった為、高校を中退した事もあったので、HKTを脱退してから料理の専門学校に行き始め、2014年に料理研究家として活動を始めます。

 

そうして料理研究家として活動を始めたゆうこすさんでしたが、ふと目に入ったのが【私だけがいない世界へ】とうキャッチフレーズの『ミスiD 2016』。

そして、『ミスiD 2016』にエントリーします!

 

そこで「可愛くなりたい」「モテたい」「男の子が好き」「可愛く見られたい」といった『モテ』といった内容をテーマにし、準グランプリを獲得!

 

そこから自称『モテクリエイター』として活動しているゆうこすさん。

 

 

自身でYou Tube『ゆうこすモテちゃんねる』を開設し、59万人ほどの視聴者に登録されています。

モテる為のグッズや、ゆうこすさんと企業がコラボした商品を紹介した情報発信をされているのですが、これをされているゆうこすさん自身を『モテクリエイター』というそうです。

 

ゆうこすさんは、モテクリエイターとなるきっかけについて、下記の様におっしゃっています。

私は生まれた瞬間からぶりっ子だし、アイドルという仕事柄、周りもぶりっ子が多かったんですよね。

だから、男の子が好きだし自分をかわいくみせたいという気持ちは、どの女性も当たり前に感じているものだと思っていたんですよ。

だからあえて言葉にしていなかったのですが、それが私のアイデンティティーだって言われて(笑)。

それから発信するようになりました。

 

色んな職業があるんだなぁと思うと面白いですよね。

好きな事を職業に出来るなんて素敵だなぁと思います。

 

ゆうこすのカラコン瞳に癒やされる!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆうこす♡菅本裕子さん(@yukos0520)がシェアした投稿 -

 

そんなモテクリエイターのゆうこすさんがプロデュースするカラコン『Chu’s me(チューズミー)』が大人気!

ゆうこすさんがカラコンした瞳が、ウルウルした感じで癒やされる!と話題になっていますし、売れ行きも好調なようですねー!

Chu’s me公式サイト

 

それに、ゆうこすさんの15分でメイクを完了させる動画も人気です!

 

 

これにも、もちろんカラコンは登場しますし、ゆうこすさん自身も『カラコンは偉大だ』とおっしゃっています。

やっぱ、若い女性の間ではカラコンは無くてはならない存在になっているんですね。

しかしカラコン1つでここまで変わるんだなぁ。

ほんとカラコン偉大だなぁと思いますね。

 

さんま御殿でゆうこすの落とし目で本当にモテるの?

 

そんなモテクリエイターのゆうこすさんが、7/30の『踊るさんま御殿』に登場します!

さんまさんに、流し目のような『落とし目』を披露!

 

振り返った時に、一瞬瞳だけを下に落とし(下を見る)、そしてすぐに見つめる・・・てな感じだそうです。

確かに、色っぽい感じになるでしょうし、単純なタイプの男性なら落ちるのかも!

 

まぁ、ゆうこすさん自身もモテ術について、『あざとい』という言葉を使って動画をアップさせていますので、あざとくみえても、こうした方がモテるよ!という事なのでしょうね。

 

しかし、見方が変わればあざと過ぎて魅力を感じない。なんて事にもなりかねません。

このギリギリラインで攻める事が重要といえますね!

 

スポンサーリンク