宮根誠司人気低迷?ミヤネ屋の視聴率が悪い理由は?関西主婦に嫌われる?

アナウンサー

2006年7月31日から放送されている『情報ライブミヤネ屋』ですが、視聴率が下がっている事から、司会を務める宮根誠司さんの人気低迷が原因か?とも言われています。

特に視聴率が落ちているのは宮根誠司さんの出身、『関西地区』です。

その事から、以前から関西の主婦に不人気だった話も、今頃になって浮上してきています。

さて、とにもかくにも、宮根誠司さんはなぜ関西主婦に不人気なのでしょう?

その辺りも含め、調査してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

情報ライブミヤネ屋の視聴率が落ちている?!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

さだまさしさん(@sada_masashi)がシェアした投稿 -


関東では常時、視聴率7~8%を取っていた『情報ライブミヤネ屋』ですが、2017年10月に『ゴゴスマ』が関東地区で1位となったのをきっかけに、ミヤネ屋の視聴率は低迷し始めます。

 

2018年5月には『グッディ』にも抜かれ、そこからはミヤネ屋独走・・とはいかなくなりました。

常時、他局との抜きぬかれ・・・となりましたが、まぁ、そうなるのは普通の事。

 

しかし、『情報ライブミヤネ屋』は、午後のワイドショーの中でも不動の人気!と言われ、トップを走っていたからこそ、抜き抜かれ状態となった途端に注目され、話題となったのです。

 

もちろんずっとトップの地位を守り続ける方は難しい事ではありますが、特に『情報ライブミヤネ屋』は、番組内容よりも、宮根誠司さんの司会に注目が集まります。

番組にも名前が使われている事もあるでしょう。

 

視聴率が上がるにも下がるにも宮根誠司さんの司会が、その原因と結びつけられる面がある様です。

 

ミヤネ屋の視聴率低迷と宮根誠司との関係について世間の意見は?

 

では、今回『情報ライブミヤネ屋』の視聴率低迷について、世間の意見をいくつかピックアップしてみました。

やはり宮根誠司さんの対応について世間の注目は集まっています。

 

関西ではミヤネ屋と同時間帯に「ちちんぷいぷい」が放送されている。

ちちんぷいぷいには曜日別に吉本の芸人・タレントが毎日出演している。

だからこの話題を知りたいのなら関西人はちちんぷいぷいを見る

そういう人はミヤネ屋はまず見ない。

グッデイなどは頭の片隅にもない。

 

宮根が1番喋りたがるのが良くないと思う。

解説者やレポーターの話を遮って、宮根が喋ってしまう。

観てる側も解説を聞きたいのに、宮根の意見ばかり聞かされて嫌になってると思う。

 

いつ観てもレポーターの話が終わる前に食い気味に宮根が喋り出す

レポーターと会話が最後はグチャグチャのグタグタで終わるのが多い。

観ててもまたかと思うし聴いてても心地よくない。

 

司会者は自分の言葉を発してはいけないのでは?

リアルタイムでありながら淡々と司会進行できるのが優れた司会者、特に報道を扱ってる番組については。

バラエティの影響なのかもしれないが、やたらワイドショーで自分の考えを喋りすぎる司会者、アナウンサーが多いと感じます。

 

初めてこの人を見た頃は、ワイドショーの司会者は、それまでとつとつと進行していく人がほとんどだったけど、1つ1つの言葉に喜怒哀楽を込めて、言わば関西的なノリで司会をする姿がとても新鮮で、興味を惹かれたものだが、見ているうちにクドさの方が上回っていくようになり、この人は苦手になっていった。

 

視聴率が低迷する原因の意見なので、宮根誠司さんに対する良い意見というのは、ほぼありませんでしたが、それにしても、なかなか厳しい意見は多いですね。

気になったのは、最初は新鮮に感じた。という意見です。

そこから更にハマっていくのか、ワンパターンと感じて飽きてしまうのか・・・といった事なんでしょうね。

 

司会者って難しいですね。

割って入って、自分の意見を言った事により称賛される事もありますが、コメンテーターに意見を言わせる様にする方が、司会者として素晴らしい仕事をしてる。と言われる事もあります。

 

こういった世間のコメントをじっくり見てみると、『どちらかに徹底せず臨機応変に対応する事が一番』かな。と思いました。

要は、必要な時はコメンテーターの意見に反発しながらでも自分の意見を発言する。といった事も面白いと思いますし、視聴者も楽しめる時もあるでしょう。

でも、基本的にはコメンテーターに喋らせ、自分は冷静に中間の立場を取る事が重要で、そういった司会を務める事で、世間からの非難は少なくなるのかな?と感じました。

 

宮根誠司が関西の主婦から不人気と言われる理由とは?

 

宮根誠司が関西の主婦から不人気と言われる理由とは?

出典:https://www.excite.co.jp/news/article/Myjitsu_080389/

 

さて、関西出身(生まれは島根県)の宮根誠司アナウンサーですが、『情報ライブミヤネ屋』が放送される以前は、朝日放送のアナウンサーで関西地区に放送されている『おはよう朝日です』のMCを務めていました。

 

当初は、関西のおばちゃんにも絶大な人気がありましたが、2012年に報道された『隠し子騒動』で主婦からの反感を買ったと言われています。

 

A子さんと宮根は、04年、彼女が大阪の北新地で勤めていたクラブに宮根が客として来たことから交際に発展。

約2年後に宮根から他に先に付き合っている人がいることを告げられ、A子さんが別れを切り出しても1週間くらいでメールを寄こしてヨリを戻す関係だったそうです。

そんな中、宮根は06年8月に再婚したものの、その事実もA子さんには伝えず、さらに関係は続き、07年6月にA子さんはお腹に宮根の子どもを宿したことを知るんです。

A子さんが妊娠を伝えると、4日後に宮根から『実は結婚している』と打ち明けられた。

妊娠から半年後、宮根とA子さんはA子さんの実家を訪れ、宮根は両親に土下座して謝罪したこともA子さんは明かしています。

 

ただ、この記事では、A子さんは“宮根が既婚者と知りながら付き合っている女性”という扱いになっていた。

A子さんにすれば、愛人呼ばわりされていたわけで、反論するかどうか迷ったものの、当時はメディアに出る決心がつかず、宮根の妻も自分と同じようにダマされていた、という同情もあって、葛藤を抱えながらも、日々を送っていた。

その事にA子さんも我慢がならなかったようです。

 

この隠し子騒動で、宮根誠司さんは関西の主婦から嫌われた。という話がありますが、どうやらそれ以前から関西人からは、あまり良い印象は無かったようです。

今回のミヤネ屋の視聴率低迷について関西人のコメントは下記の通りです。

 

そもそも この方お茶の間に人気があったんじゃなくて たかじんのお陰で業界の人に人気があっただけだからね!

 

うっとうしいだけだし、強い者にはなびいてる計算高い感じで好きでは無いな。

 

宮根誠司はやしきたかじんさん辺りを目指してるのだろうが結局は長いものには巻かれるタイプ。

 

大阪でも人気はありません。私の回りも『あのコテコテな感じが嫌』『馴れ馴れし過ぎる感じが嫌』『謙虚さがない』読売テレビは好きだけど宮根が出たらチャンネル変えます。

ミヤネ屋に変わる番組を望みます。

 

ここには隠し子騒動には一切触れていませんし、他のコメントを見てみても、どうやら宮根誠司さんの『長いものには巻かれろ』的な性格についてのコメントが多いです。

たかじんさんにくっついていた。というイメージも強いようですが、自分より下の者はあまり相手にしない。というイメージが強い。という意見も多かったですし、それも含めて『長いものには巻かれろ』的な性格だったとか。。。。

 

あとは、お金の話(人の年収について)知りたがっていた。というイメージが関西人には強いらしいですね。

おはよう朝日です』で、そういった話も多かったそうなので、東京進出する前から関西ではあまり人気が無かったという内容も多く見受けられました。

 

という事は、ミヤネ屋の視聴率低迷については、関西の視聴率が落ちた事は、大きな原因があった訳でもない。という事でしょう。

それに関西の視聴率が最近落ちてきたというのも、『関西の主婦』だけが原因。という事でもないようですね。

 

スポンサーリンク