パーマ大佐ピアノはウクレレより上手すぎ!TEPPEN優勝候補?

芸能・テレビ関係

8月9日(金)19:00~放送の『TEPPEN』にパーマ大佐さんが出演しまーす!

前回同様、今回もピアノでTEPPENを目指します!

前回、パーマ大佐さんが弾き終わった後、『これはいったでしょー!』と思う位良かったのに、ゴダイゴのミッキー吉野さんが優勝。。。

今回は優勝するんじゃないの?と思っておりますが・・

という事で、今回はそんなパーマ大佐さんについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

音楽の英才教育を受けていた パーマ大佐

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

パーマ大佐さん(@paamataisa)がシェアした投稿 -


パーマ大佐

 

本名 ・・・ 國土 郁音(こくど いくと)

生年月日 ・・・ 1993年8月26日(現在 25歳)

出身地 ・・・ 埼玉県北本市

身長 ・・・ 172cm

血液型 ・・・ B型

特技 ・・・ ボイスパーカッション・ピアノ

 

 

パーマ大佐さんの家族は音楽一家なんです!

母 ・・・ ピアニスト

父 ・・・ 音楽評論家

姉 ・・・ 作詞家

とまぁ、なんともすごい一家です。

 

なので、当然パーマ大佐さんも音楽に携わる事となります。

2歳の頃からお母様より、ピアノの英才教育を受け始めます。

 

なので、ピアニストのお母様からのレッスンによって、ピアノの腕前はピカイチに!

しかし、厳しいレッスンにより、パーマ大佐さんは小学校6年生でピアノをやめてしまします。

 

といっても、学生時代は吹奏楽部に所属していましたので、このまま音楽関係の大学に行くかと思いきや・・・

当時から興味のあったお笑いの方が勝ってしまい、中学から始めていた芸人活動をそのまま生かし、漫才コンビを組んでM-1グランプリやTHE MANZAIなどにも挑戦されています。

 

しかし、コンビでの活動は合わなかったようで、結局ピンでの活動となります。

ピンになってからは、フリップ漫談などを中心に行っていましたが、音楽で世界を笑わせろ!のキャッチコピーでおなじみの『歌ネタ王決定戦』に出演した事がきっかけで、歌ネタ路線に変えたのです。

 

音楽とは10年以上も関わっていませんでしたが、音楽一家の血が引き寄せたのか、結局、音楽に関わる仕事になるのでした。

といっても、基本はお笑い芸人で、そこに音楽を取り入れるという事で、使う楽器はウクレレに決定!

 

有名なネタは、『森のくまさん』ですよね。

この『森のくまさん』の替え歌が話題になっていたという事は、皆さんも一度は聞いた事があるのでは?

 

 

そしてパーマ大佐の持ちネタ『森のくまさん』の替え歌で一躍有名になったかと思ったら、今度はその『森のくまさん』で著作権侵害の問題が浮上したのです。

 

パーマ大佐 森のくまさん替え歌事件とは?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

パーマ大佐さん(@paamataisa)がシェアした投稿 -


パーマ大佐さんが歌っていた『森のくまさん』の替え歌ですが、ユニバーサルミュージックよりメジャーデビューする事になりました。

しかし、『森のくまさん』の原曲の日本語訳の詞の著作権を持つ馬場祥弘さんより著作権侵害で提訴されるのです。

提訴内容は、パーマ大佐さんと、CDを制作販売したユニバーサルミュージックに対して、慰謝料300万円の請求でした。

 

ある日森の中、熊さんに出会った 花咲く森の道 熊さんに出会った」までは元歌通りですが、その後メロディーが変わり、歌詞も「1人ぼっちの私を強く抱きしめた熊」といった風に変わるのが、パーマ大佐さんの替え歌。

 

歌詞には訳詞者としての名前が、馬場祥弘さんとなっていた事から、

 

自分の詞とは情感に反する。改変後の詞も自分が作ったような表記はおかしい

 

と馬場さんが判断し、CDの販売差し止めやインターネット上の動画の削除も求めたといった事でした。

 

そして、それを受けたパーマ大佐さん側が、速やかに誠意ある対応をしてくれたという事と、本件訳詞にかかる著作者人格権が馬場祥弘さんに帰属しているという事も確認された事で和解し、円満解決となりました。

騒動も1ヶ月もしないうちに解決となったので、本当に良かったですね。

 

パーマ大佐、今度こそTEPPENでピアノ部門優勝?

 

パーマ大佐、今度こそTEPPENでピアノ部門優勝?

 

今回8月9日に芸能界特技王決定戦『TEPPEN』が放送されますが、そのピアノTEPPENにパーマ大佐さんが挑戦します。

前回の結果は、500点満点中

1位 ・・・ ミッキー吉野 486点。(モンキー・マジック)

2位 ・・・ パーマ大佐 476点。(ルビーの指輪)

3位 ・・・ まとばゆう 470点。(Don’t Stop Me Now)

といった結果でした。

 

ネット上では、1位だったミッキー吉野さんよりもパーマ大佐さんの方が良かった。という声が多く、その理由は『プロの方が普段から演奏している持ち歌の演奏で登場するのはいかがなものか?』といった内容が主でした。

 

要は、他の挑戦者と同じ様な条件での出場じゃなかったので、同じ条件で演奏するべき!という声がたくさん出ていました。

こちらが、パーマ大佐さん自身がアップされている動画、ルビーの指輪です。

 


いや~・・・上手ですねー。

パーマ大佐さんは、普段、ウクレレで替え歌漫談などを中心に活動されているので、ピアノは本業じゃないですからね。

そういった事を考えてみても、ミッキー吉野さんの様に本職の人と対決して、接戦になるという事だけでも凄いと思いますしね。

確かにネットの批判はうなずけるのかも。。。

 

ただ、今回はミッキー吉野さんも持ち歌じゃない曲で挑戦されると思うので(多分)そうなると、どんな結果になるか見ものですよね。

パーマ大佐さんは、普段から曲作りにはピアノを使ったりしているそうですが、本格的な練習を続けていたのは小学校6年生までだったので、やはりそれを考えると現在の腕前は凄いですね。

 

8月9日のTEPPENの放送が楽しみです。

 

スポンサーリンク