田中真弓【声優】代表作はルフィ以外も!息子や家族、声の魅力についても紹介!

芸能・テレビ関係

ONE PIECEのルフィの声優でお馴染みの田中真弓さんですが、惹きつけられるその声の魅力や私生活について調べてみました。

田中真弓さんの代表作といえば、ルフィがすぐ浮かびますが、その他にも代表作と呼ばれる役はいくつかあります。

人気が出る声の魅力と、田中真弓さんの息子さんや家族、更には元彼の渡辺正行さんについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

田中真弓の代表作

 

出典:https://talent.thetv.jp/person/0000011478/

 

田中真弓(たなか まゆみ)

本名 ・・・ 阿部真弓(あべ まゆみ)

生年月日 ・・・ 1955年1月15日(現在 64歳)

出身地 ・・・ 東京都

血液型 ・・・ A型

身長 ・・・ 148cm

 

田中真弓さんの声優としてのデビュー作は、1978年放送のアニメ『激走!ルーベンカイザー』に登場する社長令嬢の高木涼子!

そして田中真弓さんの代表作といえば、最近の物だとワンピースのルフィを思い出しますね。

でもそれ以外にもたくさん『代表作』と呼ばれる作品はたくさんあります。

 

年齢が40~50代の人だと田中真弓さんの代表作といえば『ダッシュ勝平の坂本勝平』!という人は多いです。

その他、ファンの間で田中真弓さんの代表作で思い浮かぶ作品というテーマで出てきたものは、下記の通りです。

 

うる星やつら  ・・・ 藤波竜之介

魔神英雄伝ワタル ・・・ 戦部ワタル

ドラゴンボール ・・・ クリリン

忍たま乱太郎 ・・・ きり丸

サクラ大戦 ・・・ 桐島カンナ

激走!ルーベンカイザー ・・・ 高木涼子

とっても!ラッキーマン ・・・ 追手内洋一

グーグーガンモ ・・・ はんぺいた君

おそ松くん  ・・・ チビ太

さすがの猿飛 ・・・ 忍豚

幽☆遊☆白書 ・・・ コエンマ

この中でも田中真弓さん自身、一番のお気に入りは『新・おそ松くん』のチビ太だそうです。

チビ太の有名な決め台詞

「てやんでぃバーロイチキショイ」

「しっかりこまたき」

「いやーんもう」

 

などは、田中真弓さんのアドリブから生まれたそうなので、本人もそりゃお気に入りのキャラになるでしょうね!

しかし、これだけ有名なキャラを演じる田中真弓さんの声は、本当に素敵ですしファンも多くて凄いなぁと思いますねー。

 

田中真弓の声の魅力とは?

 

田中真弓の声の魅力とは?

出典:https://eiga.com/person/45765/

 

田中真弓さんは、幼稚園の頃から目立ちたがり屋だったそうで、学生時代は演劇に興味を持ち、文化祭などでも演劇で舞台に立ったりしていたそうです。

 

役になりきる『役者』が好きだったようで、文学座や青年座などに応募しましたが、全て不合格になったうえに、『背が引くい』だの『舞台栄えしない』などといった外見的な要素の指摘を受け、すっかり落ち込みます。

そんなある日、あるバーの歌手募集の広告を見て、そのバーで歌う事になります。

 

そこで、テアトル・エコーの音響担当の方がいて、『うちの劇団はチビばっかりですよ』という言葉で、テアトル・エコーに所属する事となるのです。

そして女優としての道を歩みますが(基本的に女優が本業)田中真弓さんの独特な人を惹きつける声が、声優としての人気を不動のものとします。

 

田中真弓さんの声の魅力は、その伸びのある声に隠されているようです。

田中真弓さんは女優志望で活動されていましたが、オーディションに落ちてからは女優業を半ば諦め、バーで歌を歌う前には作曲家の鈴木邦彦さんの元で歌のレッスンを受けたりしていました。

 

元々通る声でしたが、レッスンによって更に磨かれ、現在は声優だけではなく、キャラソンを歌わせても見事な声量と歌唱力を披露されています。

この伸びのある声が、声優にも生かされていて、視聴者を惹きつける部分があるようです。

田中真弓さんが初めに女優として応募しても落ちてしまっていたのは、将来、声に関する職業で人気が出るという運命が、そういった道を歩ませたのかもしれませんね。

 

田中真弓の息子や家族、渡辺正行との過去について。。

 

田中真弓の息子や家族、渡辺正行との過去について。。

出典:https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1356693057

 

さて、田中真弓さんといえば、コント赤信号のリーダー渡辺正行さんと1977年頃~1984年頃までの約7年間程、交際されていた事は有名ですよね。

7年間って本当に長いですが、当時はコント赤信号もテレビにたくさん出て活躍していましたし、田中真弓さんも声優として活躍されていました。

 

渡辺正行さんも女性関係については、たくさん遊んでいた『遊び人キャラ』で有名でしたが、やはり実際にも女性の影はちょくちょくあったそうで、田中真弓さん自身、何度も辛い思いをしていたそうです。

しかし、好きだという気持ちが強く、それでも別れたくない。結婚したい。という思いがあったそうで、7年ほど交際は続きましたが、田中さんはだんだんと疲れてきたようです。

 

結局、田中真弓さんは、1985年12月25日に同じ声優仲間の柴本浩行さんと結婚しました。

いきさつは解りませんが、渡辺正行さんの数々の女性関係や寂しさなどについて、相談に乗ってもらっていたのかもしれませんし、柴本浩行さんが元々田中真弓さんの事が好きで、モーレツにアタックしてきたのかもしれませんが、とにかくめでたく2人は結婚します。

 

そして、1986年11月2日に息子・孝祐(こうすけ)さんが誕生!

名前は阿部孝祐(あべこうすけ)さん。

こちらの画像は、真ん中が田中真弓さんで左側の帽子を被っているのが、息子の孝祐さん。↓

 

田中真弓の息子や家族、渡辺正行との過去について。。

出典:https://hamayoshi.exblog.jp/20429345/

 

さて、田中真弓さんは、そんな幸せな家族を渡辺正行さんに紹介します。

それは、1988年2月17日放送のフジテレビ『火曜ワイドスペシャル』の「輝け!第2回オールスター実家大賞」の中でした。

 

そこで田中真弓さんは、渡辺正行さんの元婚約者として登場します。

旦那様の柴本浩之さんと生まれたばかりの息子の孝祐さんを渡辺正行さんに紹介して大ウケします。

そして、番組大賞を受賞しました。

 

でも、番組で紹介する事によって、お互いすっきりしてまた気楽に会える間柄にもなったんだと思いますし、それはそれで良かったんだと思いますね。

現在、息子の孝祐さんは大道芸のパフォーマーとして活躍されています。

幸せそうな家族と、元彼の渡辺正行さんとも良い関係となり、とても幸せそうな田中真弓さん。

これからもアニメ界の為に、活躍して欲しいですね。

 

スポンサーリンク