バレー福澤達哉のジャンプ力と筋肉が凄い?洛南出身で頭も良い!移籍で限界に挑戦!

スポーツ選手

男子バレーの福澤達哉選手。

2019年9月に、パリバレーへ移籍することを発表し注目を集めました!

福澤達哉選手は、ウイングスパイカーで驚異的なジャンプ力を持つ選手です。

更に、バレーだけではなくなんと頭も良いんですよ!

実は、福澤達哉選手はあの京都で一番頭のいい高校の洛南高校出身なんです。

頭もよくて、スポーツもできる・・・

とても素晴らしい選手ですよね。

そんな福澤達哉選手について紹介いたします!

 

スポンサーリンク

福澤達哉は京都で上位偏差値の洛南高校出身!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇯🇵Tatsuya Fukuzawa1️⃣5️⃣さん(@1tatsu5)がシェアした投稿 -

 

福澤達哉(ふくざわ たつや)

生年月日 ・・・ 1986年7月1日(現在 33歳)

出身地 ・・・ 京都府京都市

身長 ・・・ 189cm

血液型 ・・・ B型

所属 ・・・ パナソニック・パンサーズ

身長189cm、体重86kgの福澤達哉選手のポジションはウイングスパイカー!

確かにスパイカー向きの体格ですね!

 

日本人選手は、海外の選手に比べると小柄な選手が多く、中々ここまでの高身長の選手が少ないんですよね。

福澤達哉選手は海外の選手にも負けないほどの、めぐまれた体格をしていると言えます!

 

福澤達哉選手がバレーボールを始めたきっかけは、兄の影響があったんだそうです。

元々お兄さんがバレーボールをやっており、その影響で小学校4年生のころにバレーボールを始めたんだそうですよ。

 

そして、中学校時代にはなんと通知表でオール5をとったんだそうです!

中々オール5をとるのは難しいですよね・・・

 

勉強だけではなく、体育はもちろん、音楽や美術などの芸術面でも長けていたんですね。

そして高校は、京都市で一番偏差値の高いと言われる洛南高等学校へ進学しました。

 

バレーボールをやっているということで、バレーボールでの推薦?なんて言われることもあるそうなんですが、ちゃんと学力で洛南高等学校へ進学したんだそうですよ。

 

そして、指定校推薦で大学は中央大学法学部法律学科へ進学をしました。

大学1年生のときに全日本代表へ選出された福澤達哉選手は、2005年ワールドリーグが、代表のデビュー戦となりました。

 

そして、3年後の2008年に再び全日本代表へ再選出されました。

同い年の清水邦広選手とともに、最年少として北京オリンピックへ出場しました!

この時、福澤達哉選手は大学4年生で22歳でした。

 

その後パナソニックパンサーズの内定選手となった福澤達哉選手は、Vプレミアムリーグで新人賞を獲得します。

そして大学を卒業して、2009年にパナソニックパンサーズに入団したのです。

 

アジア選手権ではチームの2年ぶりの優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞しました。

更に黒鷲旗大会では、若鷲賞とベスト6を獲得するという輝かしい成績をおさめています。

 

ワールドグランドチャンピオンズカップへも出場した福澤達哉選手。

全日本男子が32年ぶりに銅メダルを獲得したんですが、その銅メダル獲得に貢献し、ベストスパイカー賞を獲得しました!

 

翌年の2010年には黒鷲旗大会とVプレミアムリーグでパナソニックの優勝へ貢献したとし、ベスト6に選出されます。

そして、2012年3月にはプレミアリーグの優勝へ大きく貢献した選手として、MVPとベスト6に輝いたのです!

 

これだけ素晴らしい選手なんですが、2015年には全日本代表から落選してしまっているんです。

この時、福澤達哉選手は引退をも考えたんだそうですよ。(;_;)

 

ただ、2015年-2016年シーズンには、ブラジルスーパーリーグのマリンガへ移籍することを決意した福澤達哉選手。

慣れ親しんだ日本を離れるというのはとても勇気のいる決断だったのではないでしょうか。

 

そして、翌シーズンに日本へ戻ってきた福澤達哉選手は、天皇杯優勝、Vプレミアムリーグ優勝、黒鷲旗、これら史上初となる3度目の3冠達成へ大きく貢献しました!

 

2019年には日本代表として、アジアクラブ男子選手権大会へ出場し、準優勝へ貢献しました。

そして、2019-2020年シーズンには再び日本を離れパリバレーへ移籍することを発表したのです。

 

福澤達哉のジャンプ力と筋肉が凄い!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇯🇵Tatsuya Fukuzawa1️⃣5️⃣さん(@1tatsu5)がシェアした投稿 -

 

福澤達哉選手が注目を集めているのは、ジャンプ力がすごい!という事もあるんです。

実は、福澤達哉選手は日本一の最高到達点の保持者なんですよ!

 

その高さ・・・なんと!

355cmなんです!

 

355cmって、人間がジャンプして届くような場所なの?!なんて驚きですよね。

このジャンプ力の高さに、鳥人なんて呼ばれることもあるんですよ。

 

福澤達哉のジャンプ力と筋肉が凄い!

出典:https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/member/fukuzawa_tatsuya/

 

ブロックの最高到達点は、345cmなので垂直飛びでいうと100cmもの高さなんです。

100cmというと、3歳くらいの子供だったらピョンと飛び越えてしまうほどの高さということになりますね。

 

ひぇ~・・・すごいジャンプ力ですよ!こりゃ。。。

ちなみに、世界一の最高到達点保持者はキューバのレオネルマーシャル選手で最高到達点は、383cmなんです!

 

福澤達哉選手よりも約30cmも高いんですね。

恐ろしや~・・・(>ω<)

 

このレオネルマーシャル選手は現在、引退しているんですが、現役時代は身長が196cmもあったんだそうですよ。

でも、単に背が高いだけではジャンプ力と関係ありませんよね。

 

しかも、背が高ければ余計に体重も重くなりますし、ジャンプも大変だろうなぁ・・と思います。

と思うと、脚力の強さが凄いんだー。という事ですね。

いや~・・・やはり海外の選手は、体格もよくジャンプ力もすごいんだなぁとびっくりです。

 

それに、福澤達哉選手は筋肉も、かっこいいんですよね。

 

福澤達哉のジャンプ力と筋肉が凄い!

出典:https://ameblo.jp/sakie1031ss/entry-11095830270.html

 

福澤達哉のジャンプ力と筋肉が凄い!

 

アスリートは、誰もが筋肉ってキレイなんでしょうが、力入れてなくて腹筋が綺麗に割れているのって素敵ですねー!

あんまりムキムキ過ぎるのは、個人的に好きじゃないので、脱いだら爽やかに腹筋割れてるー!って、かっこいいですよ。(*´ω`*)

 

福澤達哉選手には、娘さんがいらっしゃいますが、『娘からは、かっこいいと言われたい』と以前おっしゃてましたからねー。

いやいやこんなお父さんなら、かっこいいって言うに決まってますよね!(≧∀≦)

 

福澤達哉がパリバレーに移籍!

 

福澤達哉がパリバレーに移籍!

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00010000-vbm-spo.view-000

 

先程も少し紹介しましたが、福澤達哉選手は、2019-2020シーズンにパリバレーへ移籍することを発表しています。

 

2015-2016シーズンにも日本を離れ、ブラジルへ移籍した福澤達哉選手。

戻ってきてからの活躍はとても素晴らしいものでしたよね!

 

今回も日本を離れるということを決めるにあたって、とても大きな不安があったんだそうです。

33歳という年齢は、バレーボール選手としては決して若い年齢ではありません。

 

更に東京オリンピックまであと1年という時に、日本を離れるというのは不安があるとも語っています。

ただ、福澤達哉選手はリスクを考え出すときりがない、新しい挑戦にはリスクが伴うもの。そんな中、一番に考える事は、心から挑戦したい、やってみたいと思えるのかどうかという事と、語っています。

 

リスクに負けずに挑戦しよう!という福澤達哉選手の心の強さ・・・

とても真似できるようなことではありません。

 

奥様や、所属しているパナソニックパンサーズのメンバーたちの応援もあったからこそ行くことができる!とも語っていました。

パリバレーで1年戦ってくる福澤達哉選手は今よりももっと素晴らしい選手になる事でしょう!

まとめ

 

福澤達哉選手は、日本代表を落選してしまった経験を持っています。

その悔しさをばねに新しいステップへすすんだ福澤達哉選手。

ブラジルから帰ってきてからの福澤達哉選手は、日本を離れる前よりも更に素晴らしい選手になっていましたよね!

今回も、ワンシーズンパリバレーで活動をする福澤達哉選手ですが、きっと今まっでよりも素晴らしい選手になって帰ってくることでしょう!

これからの活躍も楽しみですね!

 

男子バレー藤井直伸は結婚する可愛い彼女がいる?経歴や家族も気になる!

バレー関田誠大がイケメンで可愛い!筋肉も凄い?セッターの実力は?

 

スポンサーリンク