美容鍼の効果は何日後から実感?持続する期間やデメリットも気になる!

美容鍼の効果は何日後から実感?持続する期間やデメリットも気になる!美容と健康

 

結婚式や同窓会など、特別な日にむけていいコンディションでのぞみたい!と女性なら思いますよねー。

最近テレビでよくある美容鍼に興味がある女性が、最近急増しています。

 

美容鍼って、結局どんな効果があるの?

効果があるとすれば、何日くらい持続するの?

でも痛みがあったりや顔に跡が残ったりするのは絶対いやだし、どんなデメリットがあるのか・・・

 

最近話題になっている鍼灸鍼(はり)ですが、女優さんや芸能人が、仰向けに寝転んで顔に何十本の鍼を打っている映像をよく見かけますよね?

ただ怖いただ怖い・・・ように思える鍼ですが、知れば知るほどやってみたい気持ちも芽生えたりしますよね。

今回はそんな鍼灸鍼の基本的な疑問について、友達の鍼灸師に聞いたので、その情報をまとめてみました!

肌の内側から美しくなる魔法、かけてみませんか?

 

スポンサーリンク

美容鍼(はり)の効果

 

美容鍼(はり)の効果

 

そもそも美容鍼に使われる鍼は主に髪の毛並の細さでとても柔らかいものを使われています。

顔に刺すということだけで痛そうなイメージがありますが、細くて柔らかい鍼なので痛みもあまりない優しい鍼みたいで、安心しましたね~。

 

そんな美容鍼の代表的な効果はこの3つです。

  • 小顔効果
  • 代謝の促進
  • アンチエイジング効果

なんだか魅力的な言葉がたくさんありますね。

 

まず最初に、顔に鍼を打つということは顔全体の血流が良くなります。

血流が良くなるということは、血行循環とリンパの流れが良くなります。

これだけで、顔のむくみや年齢とともに悩みが増えていってしまうシミやしわ、たるみ、くすみなどが改善していく道へ向かうのです。

 

そして、刺した鍼が肌の奥に刺激を与えることで、新陳代謝を促してより魅力的な肌へと内側から働きかけるといった事をしてくれます。

なので化粧のりが良くなったり、スキンケアがしっかり入っていってくれるようになったりと良いことづくしなんです !

もちろん、このアンチエイジング(シミやしわなど)の効果は1回受けただけでは感じづらい部分もありますが、

顔のむくみは1度の施術で効果ははっきりでます!

 

なので、顔のむくみは毎日マッサージをやらないとなかなか解消できないので、これだけでもやる価値はありそうですね!

 

外側からではなく、肌の内側から美しくなるように手助けをしてくれる、そんなイメージです。

ただ、何にでも言える事ですが、誰でも効果が出るという訳ではありません。

効果の感じ方は、もちろん個人差があります。

言える事は、1度体験してみてからその後続けるか決める方が良いという事です。

 

鍼効果を実感できるのは何日後くらい?持続時間は?

 

鍼効果を実感できるのは何日後くらい?持続時間は?

 

せっかく興味が出てきたとしても、実際いつから効果あるのかわからなかったら、なかなか動けないですよね?

先ほども述べたように、むくみに対してはその日受けたときから実感できます。

結婚式当日の朝、花嫁さんが施術をうけて式に出席する方もいるぐらいです!

 

アンチエイジングのほうは個人差がありますので○○日後に!とは、はっきりは言えないですが、約1週間くらい持続する方は初心者の方でも多いですね。

なぜはっきりと言えないのか・・・

それは、肌のターンオーバーが皆さんバラバラだからです。

 

肌のターンオーバーが正常になれば、肌の調子が良くなり(強くなる)見た目にも現れますよね。

寝不足や無理なダイエット、暴飲暴食、日常生活のストレス、紫外線・・・etc

などで、基本、肌の乾燥やキメが荒くなったりバリア機能が低下して肌荒れに繋がるのです。

 

そんな原因も美容鍼を長期間、定期的に通い続けることで改善していく事が多いです。

しかも施術を繰り返していくうちに持続期間が長く感じるという嬉しさもあるのですが、これも個人差がありますので、何にでも合う合わないはあるので、やはり一度体験する事でしょうね。

 

美容鍼(はり)にデメリットはあるの?

 

美容鍼(はり)にデメリットはあるの?

 

美容鍼の効果や期間はなんとなーくわかった。

でも痛いのや跡が残ったりするのはいや!

はい、もちろん私も嫌です。(笑)

 

痛みを感じるかどうかは正直なところ、その日の体調によって変わってくるので、施術を受けるその前日にはせめて夜更かしはしないようにしたほうがいいでしょう。

内出血もその日の体調やその方の体質によっても変わります。

 

特に顔は身体の中で内出血のしやすい部分、施術を受ける前にその先生に気になることはどんどん聞いていきましょう。

 

とくに薬を毎日飲んでいる方や施術の日の朝方までお酒をたしなんでいる方は、事前に必ず報告しないといけません。

薬の成分のせいで、内出血がしやすくなっていたり、お酒が身体に残っているときは施術が受けられないといわれる場合があります。

特にお酒はけっこう危険な行為なので、お酒は前日の夜のうちまでに終えておきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたか?鍼をしてくれる先生はきちんと3年間、勉強を積んで国家資格を取得されている方なので、どんな細かいことでも心配なら相談しても大丈夫です。

 

美容鍼は、肌の調子が良くなり、施術を繰り返すことで持続期間が長くなっていくという効果がある人はたくさんいます。

しかし、必ず誰にでも効果があるという事ではないので、一度体験してみてはいかがでしょうか?(^^)

 

高額なパックや美容化粧品で外側から綺麗にしていくのも一つですが、美容鍼で内側から肌をきれいにしていき、美しく生まれ変わっていく事も不可能じゃないので、まずはお試しあれ!

 

鍼灸治療は痛い?痛くない時との違いは?鍼の太さも関係ある?

 

スポンサーリンク