バターは冷凍保存が一番!気になる賞味期限と食べれる状態について!

まとめ料理関係

 

お菓子を作る時や、洋風のものを作る時などにバターを使う事って、結構ありますよね!

しかし、バターを毎日使うという人は少ないんではないでしょうか。

 

特に、お菓子作りをする時くらいしか使わない。という人もいますしね。

そんな時、バターが中途半端に残ってしまって困る!なんてこともありますよね。

 

それにバターには、もちろん賞味期限があります。

期限内に食べるのは難しいかも・・・と不安になっている人もいるかもしれないですね。

なので今回は、バターの保存方法や賞味期限について紹介していきますねー!

スポンサーリンク

バターの賞味期限について

 

バターの賞味期限について

 

実は、バターって元々は長期保存ができるものなんです。

サラダ油などは液体状ですが、バターって個体ですよね。

 

そのため、カビが生えにくく長期保存をすることができると言われているんですよ。

バターの賞味期限ですが、未開封と開封したものかでかなりの差が出てきます。

 

・未開封

未開封のバターの場合は、賞味期限は約半年ほどです。

ただ、無添加の物は賞味期限が短いことが多くメーカーによっても差があります。

そして、買ってきてから半年というわけではないですし、どれだけの期間

商品棚に陳列されていたものなのかはわかりません。

そのため箱に書かれている賞味期限をチェックするようにしてくださいね。

 

・開封済

一度開封したバターは、空気に触れてしまうため未開封のものよりももちろん

期限が短くなってしまいます。

賞味期限は約2週間ほどになってしまうんです。

バターのサイズにもよりますが、2週間で使い切るというのは

結構難しいかもしれませんね。

賞味期限が過ぎたバターって食べれる?状態による?

 

賞味期限が過ぎたバターって食べれる?状態による?

 

賞味期限内に食べきれなかったバターを捨ててしまうのは、勿体ないですよね。

実は、賞味期限というのはその食品を美味しく食べることのできる期間という事なので、多少過ぎてしまっても、(味は落ちてしまいますが)そのもの自体を食べることはできるんです。

 

食品によりますが、バターは約1か月程度だったら、期限が過ぎていても問題なく食べることができると言われていますよ。

ただ、バターの状態にもよります。

 

・カビ

バターは、カビが生えにくいと言われているんですが、少し溶けてしまったりするとその部分からカビが発生してしまうことがあります。

開封したものは特に、使っているスプーンなどで直接バターを取ったりしていると細菌が繁殖してしまうことがあるんですね。

カビの部分だけを取り除けばいいかなと思う人もいるんですが、カビは目に見えない部分にも菌が付いています。

カビが生えたものは絶対に食べないでくださいね。

 

・異臭がする

明らかにバターの香りではないような変なにおいがするときにはバターが

痛んでいる可能性があります。

食べずに処分をしましょう。

バターの保存方法!冷凍にすれば賞味期限が2倍?!

 

バターの保存方法!冷凍にすれば賞味期限が2倍?!

 

バターは冷凍保存をすることで、賞味期限が約2倍にもなるんです!

未開封の物だと約1年、開封済の物だと約1か月賞味期限が延びる事になるんですよ。

では、冷凍保存のやり方を詳しく紹介いたします!

 

1.バターを1回分に切り分けて、ラップでしっかりと包んでジップ付きの
袋にいれて空気を抜いて封をする

2.冷凍庫のできるだけ奥のほうへ入れて、保存する

 

これだけでOKなんです!

いつ冷凍庫へ入れたのか、賞味期限をジップ付き袋に書いておくと、使い切りの目安になります。

 

冷凍バターの解凍方法ですが、冷蔵庫へ入れての自然解凍をするだけでOKです。

使いたい日の前日に、冷蔵庫へ移しておいて1晩で解凍することができます。

 

室温で自然解凍をした方が早く解凍できるんでは、と思うんですが分離したり、溶けてしまうことがあるのであまりお勧めできません。

まとめ

 

まとめ

 

使い切れなかったバターも冷凍保存をすれば長期保存ができるので安心ですね!

切り分けるときに使うナイフやまな板も必ず清潔なものを使うようにしてくださいね!

 

そして、塊のまま冷凍すると、使いたい量だけを解凍するということができないので、必ず小分けにして保存するようにしましょう!

 

スポンサーリンク