生パクチーはビタミン豊富!栄養を逃さないおすすめの食べ方!臭いが気になる人も必見!

料理関係

 

最近、私の家でもよくパクチーを使った料理をしているのですが、

パクチーって苦いですよね…

 

生パクチー」はセリ科の一年草で、「コリアンダー」や「香菜(シャンサイ)」とも呼ばれていて、タイ料理やエスニック料理などによく使われています。

 

代表的な料理だと、「トムヤムクン」や「タイカレー」などがあります。

しかし私の場合、家でタイ料理やエスニック料理を作る機会は、ほとんどありません。

そこで私はこの3つを心がけて、いつもパクチー料理を楽しんでいます。

 

・加熱せずに生のまま食べる

・油と合わせる

・肉や魚などのタンパク質と一緒に食べる

 

その理由は、生パクチーの栄養を最大限に引き出すためなんです。

普段のお料理に少しアレンジするだけで、簡単にパクチー料理が楽しめます。

おすすめのレシピものせているので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

生パクチーの栄養を逃さないおすすめの食べ方

 

生パクチーの栄養を逃さないおすすめの食べ方

 

生パクチーは、ビタミンAやビタミンB2、ビタミンCなどを豊富に含んでいて、美容や健康にも効果が高い食材です。

また、アンチエイジングやデトックス効果も期待出来るので、女性に特に人気がある食材です。

 

早速ですが、先ほどご紹介した3つの食べ方を詳しく解説していきたいと思います。

加熱せずに生のまま食べる

残念ながら、生パクチーは加熱するとビタミンが減少してしまいます。

せっかくなら、そのビタミンを失わずに、できるだけ多く摂りたいですよね。

 

一番簡単で手軽な食べ方は「サラダ」です。

サラダといえば、手軽に野菜が取れて手間もかからないことから、食卓に並ぶ機会も多いのでは?と思います。

他の野菜と合わせたり、シーチキンや生ハムと合わせるのも美味しいと思います。

 

あとは、生春巻きに入れたりするのもいいと思います。

ごま油+にんにく+塩を合わせて、生パクチーと和えても食べやすいですよ。

生パクチーは、お肉や魚の臭みを消す効果もあるので、臭い消しとして使うこともできます。

油と合わせる

生パクチーには「Bカロテン」も豊富に含まれていて、生パクチーと油と合わせることによって、Bカロテンの体への吸収がよくなります。

もちろんサラダ油でもいいのですが、私はオリーブオイルと合わせることが多いです。

 

そこで今回は、自宅で簡単にできるオリーブオイルとパクチーを使った「パクチーオイル」の作り方をご紹介します。どんな料理にも合わせられる万能調味料なので、おすすめです。

 

<材料>

パクチー      1束

塩         少々

オリーブオイル   適量

にんにく・唐辛子  (お好みで)

蓋付きの空き瓶(100均などに売っている物でOK)

 

1.根っこを切り落とし、パクチーを細かく刻む

2.パクチーを瓶に入れる

3.瓶に塩をいれて、蓋をして、シャカシャカ瓶を振る。(にんにく・唐辛子を入れる場合は、塩と一緒に入れる)

4.塩が馴染んだら、オリーブオイルをパクチーが浸るくらいまで入れて、もう一度よく振る

5.半日~1日程度漬けたら、パクチーオイルの完成です

 

我が家ではパクチーオイルを、パスタに和えたり、鶏肉や白身魚のソテーにかけたり、ドレッシングとして使ったりしています。

冷蔵庫で保存し、2~3週間を目安に使いきるのがおすすめです。

 

ちなみに、パクチーオイルは市販でも売られているので、気軽に試したいという方は、まずそちらを試してみるのもいいかもしれません。

肉や魚などのタンパク質と一緒に食べる

生パクチーに含まれているビタミンは、肉や魚などのタンパク質と一緒に摂ることで、さらに効果が高くなります。

 

我が家では、魚介類をトッピングして海鮮サラダにしたり、蒸し鶏サラダにしたり工夫しています。

蒸し鶏が面倒な方は、サラダチキンがおすすめです。

生パクチーの匂いが苦手な方におすすめの食べ方

 

生パクチーの匂いが苦手な方におすすめの食べ方

 

生パクチーは、栄養価も高く体にもいいのですが、匂いが苦手な方も多いようです。

セロリとパセリを足したような味で、少し草っぽい印象があるという口コミをしばしば見かけます。

そのため、好き嫌いがわかれてしまうのも事実です。

 

生パクチーが苦手な方や、匂いが気になる方は、加熱調理することをおすすめします。

生パクチーは加熱することで、匂いや食感が薄れるので、比較的食べやすくなります。

 

スープはもちろん、お鍋の具材として入れたり、天ぷらにしたり、お肉や野菜と一緒に炒めても美味しいですよ。

我が家では、生パクチーを細かく刻んで、餃子のタネに入れることもあります。

 

一人で簡単にお昼を済ませたいときには、インスタントのラーメンに生パクチーを入れて、パクチーラーメンにして食べたりもしています。

まとめ

 

まとめ

 

いかがでしたか?

生パクチーは、ビタミンが豊富で女性には是非おすすめしたい食材です。

 

私も初めて食べたとき、少し匂いがきついなと思っていましたが、今では大好きです。

食べ方や調理方法もたくさんありますので、自分にあったパクチー料理を見つけてくださいね。

 

スーパーでも手に入りますし、家庭のプランターでも育てることができるので、生パクチーを試したことがない方は、是非一度試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク